2015年10月15日

コストコクーポンの 肩ロース

2015年10月12日から10月18日までのコストコクーポン。
今回、結構ほしいものがクーポンになっているんですよね。
その中の筆頭が

アメリカ産チルドポーク 肩ロース 真空パック

前に、購入してブログに書いたのはコストコ チルドポーク ロース 真空パック1コストコ チルドポーク ロース 真空パック2これら、普通のロース。
今回クーポンになってるのが肩ロース。
肩ロースとロースの違いってなんだ???
で、グーグル先生にうかがってみると、たくさんの専任の先生をご紹介してくれました。
で、それらのたくさんの先生のお話を聞くと
まず、これらロース肉といわれる部分は豚さんの背中側で、前足の付け根の後ろから後ろ足の付け根の前側のお肉で、前1/3くらいが肩ロース、後ろ2/3がロースとヒレになっています。
そして、肩ロースとは、赤身の中に脂肪が網目状に混ざっている部分。コクがあり、濃厚な味で、調理する前にスジ切りが必要。焼肉、焼き豚、しょうが焼きにおすすめ。
つづいて、ロースとは、キメが細かくて、肉質も柔らかい部分。ふちの脂身の部分にも旨みがある。豚カツやポークソテー、焼き豚がおすすめ。
とういことは、前に買ったロース肉、こちらはペコ家調べで「豚カツに最適」だけど「しょうが焼きやポークソテーにはちょっと脂身が足らないかな???」って判断が降りているので、今回クーポンの肩ロースこれはまさしく「しょうが焼き、ポークソテー」向きなのかも。
イヤー、ほしいわー、買いに行きたいわー。
でも、ちょっといけないかも。
というのがポコさん風邪気味。
しかも、渇いたかんじの咳をしているんですよね。
これ、悪化するとクループになるかも。悪化しなければいいんだけど。
とりあえず、咳が落ち着くまでは外出はできないです。
今日、明日で咳が落ち着くかなぁ。
posted by ぺこ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

2016年度版 100均手帳はどこで買おう

先日のこと、
ちょっと出かけた先で、小さいダイソーによりました。
そしたらびっくり、もう2016年版のカレンダーが並んでいるじゃないですか。
でも、スケジュール帳はまだみたい。

私、ここ数年スケジュール帳は100均の手帳にです。
2013年と2014年はセリアで購入したkyowaのスケジュール帳
そして、2015年はCan doで購入した同じくkyowaの手帳です。
2013年から2015年まで、中のつくりはほとんど同じ。
2015-10-09
2015-10-09 posted by (C)ペコ

ちょっと厚めなので、リング式になってます。(右脇のインデックスは後で私がつけました)
2015-10-09
2015-10-09 posted by (C)ペコ

月間のマンスリーのページの次に週間のウィークリー。
2015-10-09
2015-10-09 posted by (C)ペコ

で、このウィークリーのページ。これがすごく気に入っているんです。
週間ホリゾンタルレフトって言うのかな。
左のページに一週間分のスケジュール欄があって、右ページは方眼のメモページになっています。
このページのつくりがすごく好き。
正直、あまりメモすることないのですが、
何かまとめてメモしなくちゃいけないことがあったら、右ページの上から下までだーっとメモすればいいし。
後日、メモを見返すときに「どこに書いたっけ?」と思っても、その予定があった日付のところを見れば大体右側に書いてある。
仕事をしていたときも、このタイプの手帳を使っていたので、100均で見つけたときはすごくうれしかったんです。
で、2013,2014年と2015年で購入先がセリアからCandoにかわったわけ。
2015年版はセリアで見つけられなかったんです。
ぎりぎりまでセリアで探していて、ダイソーも覗いていて。
もう諦めて他の100均手帳を買おうかと思っていたときに「そうだ100均といえばあとCan doがある」と思って出かけていくと、スケジュール帳の棚の隙間に挟まって、半分近くが棚と壁の間に落ち込んでいたこの手帳を発見。
このリング、この厚さ、間違いない。と思って格闘して引っ張り出して、ようやく購入。
さすがに表紙に挟まっていた痕跡も残っていたので、同じものが他にもないか聞いたところ、100均の手帳、たくさんの種類がどんどん入ってきて、ほとんどが、一回入荷したらその分だけで終わりらしいんです。
他店に在庫の問い合わせをすることもできるそうなのですが、正しい商品名とかジャンコードとかがわからないと無理らしい。
なので、今年は早々から手帳探しをすることに。
カレンダーが並んでいたのに、手帳はまだなのかなぁってネットで調べてみると、もうすでに100均にスケジュール帳が並んでいるという情報をキャッチ。
そこで、本日ダイソーさん、Can doさん、セリアさんを覗いてみました。
ダイソーさん、Candoさん、どちらもマンスリーのみの薄くて小さい手帳しかまだありませんでした。
セリアさん、マンスリーの薄くて小さい手帳と、見開き2週のウィークリーの手帳まで。
どれも10月始まりのタイプ。
ということは今使っている手帳が12月始まりだったから11月に入ってから??
でも、もう並んでいるって事はまた休み明けには入ってくる?
うーん、ちょこちょこ見に行くしかないかな。

posted by ぺこ at 16:06| Comment(1) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

直冷式の冷凍庫 霜取り作業のこと その2 実践編

なんか余計な冷凍庫の説明とかを勢いにまかせて書いちゃったんで、だらだらと文が長くなったような。
さてさて、去年の秋に購入した


この直冷式冷凍庫、まだ8月中の暑いさなか。前回の霜取りから8ヵ月半ほど経過してだいぶもこもこに霜がついてきていたので、冷凍庫を空にできるタイミングで霜取りを行いました。
冷凍庫内に残っていた冷凍品たちは冷蔵庫の冷凍室に移動。
最初にパチリ。
2015-08-23 12:31:38
2015-08-23 12:31:38 posted by (C)ペコ
けっこうモコモコ。
一番分厚く霜が固まっていたのが一番上の段。ここで1cm・・・もうちょっとくらいの厚みの霜がモコモコ。
中段あたりでは1cmないくらいかな。一番下の段はほとんどついてませんでした。
では、早速スイッチを切って、ドアを前回に開けっ放し。
おっと、危ない。ドア下に新聞紙を2日分広げて置いて、その上にバスタオルを1枚。
これは前回の教訓で、もし霜が溶けた水が冷凍庫外に流れ出てもできるだけ被害を最小限に抑えるためにの予防。
そして、30分ほど放置してから、今回は冷凍庫に付属でついてきた霜取り用のプラスチックのへらを使ってみました。
金属のへらとか、千枚通しみたいにとがったものは絶対に使わないほうがいいそうです。
うっかり冷凍庫内に傷をつけて、場所が悪いと冷却するためのガスが抜けてしまうそうなので。
まずは側面の霜から。プラスチックのへらが狙う場所は、冷凍庫の壁と霜の境目。この辺をコンコンしていると壁と霜の間に隙間ができ、隙間にへらの先端を差し込んでてこの原理でぺりっと。
面白いぐらいにぺりぺり霜の塊りがはがれてくれました。

2015-08-23 12:32:04
2015-08-23 12:32:04 posted by (C)ペコ

ぺきぺきはがして、がちがちに凍り付いていたトレーをはずして、側面についてはあまり苦労もなくはがせました。面白かったし。それでも側面の上から下まできれいにはがすのに20分ほどかかりました。
ここまでで冷凍庫のスイッチを切って50分近くたったので、だいぶ氷が解けてきて、冷凍庫の面と霜の間がだいぶゆるくなってきていたのでちょっと引っ掛けるだけで広範囲取れるように。
続いて天井。
ここも同様に天井面と霜の間にへらを押し込んで、ずどんと塊りのまま落ちてきました。
ちょっとびっくり。
あとは背面なんだけど、この面はへらを引っ掛けにくいから自然に解けるのを待つしかないかなぁ・・・と思いながら霜の表面をがりがり削っていると霜の塊の表面にピシーっとひびが。
そこにへらを押し込んでちょっと力を入れたらズルッと一部分剥がれ落ちたので、あとはそこから背面と霜の間にへらを入れてぺきぺき。
あまり苦労なく冷凍庫全体の霜の塊りを取りきることができました。
とはいっても、霜をはがし始めてから40分ほど。冷凍庫のスイッチをきってからだと1時間15分くらいはかかりました。
霜取りが終わって気がつけば一番下の深いトレーが満水。
途中の段のトレーをはずしていったときに、一番下のトレーどうしようかなぁって思いながら、溶けた水を捨てるのに、トレーがあったほうがはずして運べるからこのままにしたんだけど、正解でした。
トレー抜いてたらタオルで吸水してバケツに搾り出しを何回もしなくちゃいけなかった。
あぶない、あぶない。
最後に一番下のトレーを中にたまった水がこぼれないようにそっと抜いて、冷凍庫内はアルコール除菌のスプレーで拭き掃除をして、トレーは全部きれいに洗ってから元に戻して、お掃除まで完了。

2015-08-23 19:15:33
2015-08-23 19:15:33 posted by (C)ペコ
ピカピカですっきり。
ここまでで、おおよそ作業時間は1時間。冷凍庫のスイッチをきってからだと1時間半ほど。
夏の暑い時期だったということもあって、霜の迫力の割には短時間で片付いたのかな。
できれば次も暑い時期にしたいんだけど、さすがに1年はおいて置けないよね。
半年ぐらいで霜取りするのがちょうどいいのかも。
でもそうすると2月ごろ。一年で一番寒い時期だ。霜取りに向かう自信がない。
でも、時期によって霜の着き方って違うのかも。
もうちょっと観察してみるといいかも。
posted by ぺこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク 広告