2017年09月07日

鉄のフライパンで本当におすすめ。 リバーライト River Light の鉄のフライパン


半年前の3月のこと。
清水の舞台から飛び降りる思いで、キッチン用品を購入しました。
River Light リバーライトのフライパンです。
2017-03-13
2017-03-13 posted by (C)ペコ
高かった、けど、買ってよかった。間違いなかったです。

今年のお正月明けごろから、我が家で十数年頑張り続けていたTfalの中華鍋とフライパンが悲鳴を上げていました。
コーティングに限界がきて、急にこびりつくようになってしまったのです。
というか、10年も使い続けていた私も私ですが。
結婚した時に実家の母が買ってくれたものなのですが、夫婦二人分の料理を作るには少々大きかったので、数年間はほとんど出番がなく、
その後も餃子を焼く、とか、ステーキを焼く、とか、ハンバーグとか、月に1回使うか使わないかで数年。
そして、ここ数年ワシワシと荒く使っていたので、とうとうコーティングに限界がきてしまったんです。

じゃぁ結婚してからしばらくの間は何を使ってフライパン料理をしてたんだというと、
最初はコーティングされている小型のフライパンの安やつ。
寿命ほぼ1年。
でも、安いから焦げ付きがひどくなって来たら即買い替え、即廃棄を繰り返してました。

そうこうしているうちにオコが幼稚園に入り、毎日のお弁当が必要となって、今までの使い方じゃいくら安いフライパンとはいえ年に何回買い替えるんだ??と考えていたころ、
実家の母が「鉄のフライパン買うんだけど、送料がかかるから一緒に買わない?」
と声をかけてくれたのがリバーライトのフライパンでした。
そこで、購入したのが、18cmのフライパン。
これがもう、使い勝手最高。
強火も気にせず使えて(なべ底から炎がはみ出しちゃだめだけど)、ごしごし洗えて、揚げ物もできて、
もう最高。

2017-09-07
2017-09-07 posted by (C)ペコ
こちらがそんな8年物のリバーライト 18cmのフライパン。
毎日のお弁当作りから、夕飯の副菜メニューまで、毎日活躍しています。
焦げ付き知らずの働き者です。

心配していた「手入れが悪いと錆びる、焦げ付く」なんてこともなく、ずぼらな私には本当に最高。
でも、ここ数年、きちんとご飯を食べる人間が一人増え、二人増え。
小柄な18cmのフライパンでは普段のご飯作りには間に合わないことが多くなり、のんびりキッチンの棚の中で暮らしていたT−falのフライパンが引っ張り出されて、活躍していたのですが、とうとう限界に達してしまったというのがお正月明けの状況でした。

そこで、新たなフライパンへの買い替えを考えたのですが、
普通なら、18cmのフライパンで最高だーと思っているRiver Lightで素直にOKしたかったのですが、
心配になったのが、重さ です。

欲しいのは28cmの物。
これだとRiver Lightの物は1300g。1Kgごえ。
当時使っていたT−falのフライパン、取っ手の取れる26cmのもので、700gほどでした。これに取っ手、180gほどをつけても900gほど。1Kgはいかなかったんです。

その差は400g。

でも、400gって決して軽くはないよ。そこに食材が入って回せるのか。
なんたって、フライパンで野菜たっぷりの大きなお好み焼きを作って、フライパンをエイヤっとふって裏表ひっくり返すなんてことを月に数回お昼ごはん時にしていたので、これができなくなるのはちょっと・・・だったんです。

ならば、サイズを26cm、もう一つ下の24cmまで下げるかとも考えたのですが、
これじゃぁ少々量が足らないし。

悩みながらだましだましT−falを使うこと2カ月。
とうとうとんでもない事件が。
なんと、夕飯に焼いていた手作り餃子がまったくはがれないという緊急事態。
それまでも、焦げ付いてはがれないということがあって、そんなときはおばあちゃんの豆知識「なべ底を冷やせばはがれやすくなる」で切り抜けてきた私。
この時も「なべ底を冷ませばどうにかなるでしょ」っと濡れ布巾を当てたりしたのですが、まったく無理。
ガッチガッチで歯が立たない。
とうとう、取っ手を外したフライパンのまま食卓に出して、餃子の底 焼き目の面から切り離して食べました。
男3人は大爆笑で「餃子の中身〜」なんて言いながら食べてましたが、もうだめ、私的に限界。

急に本気で買い替えをすることに心をきめて、T−falのフライパンに400gの重り(袋に入れたお米だったり、水だったり)をのせて振ってみたり、ゆすってみたり。
最後はパパさんの
リバーライトの28cm買ってみて、振り回せなかったら、振り回し料理用に安いコーティングのフライパンを買えばいい」
とのお言葉で、清水の舞台から飛び降りながらの購入になりました。

それで、結果。
確かに購入直後は「やっぱり重い」と思っていたのですが、
半年もたった今は、すっかりなじみました。
大きなお好み焼きも、ブンっと振ってひっくり返せるようになったし。
そして、強火は止めたほうがいい、洗うときにごしごしこすっちゃダメ、フライ返しは専用の。なんて気にすることなく、わしわし使っています。
本当は使ってすぐに洗ったほうがいいんだろうけど、夕飯に使って、出来たら熱々すぐ出食べ始めちゃって、お腹いっぱいで動けなくなって、しばらくしたら、子供達をお風呂に入れたり、歯磨きさせたり、寝かしつけたり…で、すっかり忘れちゃって、気がついたら次の日の夕飯の支度時なんてこともしょっちゅうなのに、錆しらずです。
それに、何よりもフライパンを使っていて焦げ付いてしまうというストレスがほとんどないというのがやっぱりいいですね。
油のひきがあまかったりすると、おっとっと・・・と思うこともありますが、ほぼほぼ焦げ付きは心配なく使えています。
2017-09-07
2017-09-07 posted by (C)ペコ
で、これが半年経過した28cmのリバーライトのフライパン。
ずぼらな私のお手入れでも、きれいで、こちらも焦げ付き知らずです。
清水の舞台から飛び降りて正解。本当にいい買い物でした。


posted by ぺこ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

2016年度版 100均手帳とりあえず購入

先月初めから探していた100均の2016年用の手帳。
でも、なんだろう、100均の手帳。今年種類が少なくないですか?
ほとんどが薄いマンスリーだけのもの。
ウィークリータイプは見開き2週タイプのものがほとんど。
前回、スケジュール帳のことを書いた2016年度版100均手帳はどこで買おうkyowaのマンスリー&1ウィークリーのホリゾンタルレフトタイプの手帳を探し続けてきたのですが、さすがに11月半ばを過ぎてこのままじゃ来年の手帳なしになっちゃうかもと気が付いてkyowaさん以外も見ることに、わきの綴じがリング?スパイラス?じゃないものでも良しとして探したのですが、なかなか見つからない。
考えてみたら、確かにそうだよなぁと思いました。
kyowaさんのこの手帳、100円では難しいんだろうなぁと。
いろいろ値上がりしている昨今。ページ数が多いから紙だって必要だし。インクだってかかる。
それから1月マンスリー、1月ウィークリー。2月マンスリー、2月ウィークリー・・・・・と並んでいるので、ウィークリーの始まりとお終いに週が跨ぐのがほとんど。そうすると、前月の最終週と後月の最初の週で2ページ必要になっちゃうんだよね。
これってコストを考えて製造する側にしたらすごく無駄。
使う側からしたらこうなっているのが使いやすくてすごくうれしいんだけど。
事実、1500円ほど出すとわきの綴じが違うけど、中身は全く同じタイプの手帳が出てました。
でも、100均に出ていたことを知っていると手が出ないんです。
もうこれはそっくり同じタイプのものはないぞと思い、とりあえず近いタイプのものを購入しました。
ひとまずダイソーさんで、こちら。
2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

サイズはA6サイズ。表紙違いで中身は全く同じ物で金と茶色のキラキラなタイプもありました。
あと、中身は全く同じなんだけど、横幅が少しスリムになっている黒の革風の表紙のタイプも。

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

そしてマンスリーとホリゾンタルレフトの1ウィークリーのページ。
今までのとまったく同じじゃんって思うんだけど、

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

最初に1年間分のマンスリーそのあとに1年分のウィークリーになってます。
だから、ウィークリーは月を跨いじゃうページがあります。
そして家で落ちついて見てみたら、六曜が書いてなかった。
大安とか仏滅とかのあれです。あれ、意外に必要。めったにないけど。
あー、六曜。どうしよう。手で書く???と思っていたところで
キャンドゥーさんでこれを見つけました。

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ
サイズはB6です。

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

2015-11-26
2015-11-26 posted by (C)ペコ

サイズや罫線はちょっと違うけど、つくりはほとんどダイソーさんのと同じ。
なので、最初に1年間分のマンスリーそのあとに1年分のウィークリーです。
でも、こっちにはマンスリーページに六曜が入ってました。
とりあえず来年の手帳はこれかなぁ。
でも、これだと予定を書くときに前半にある該当する月のページに書いてからずーっと後ろにある該当する週のページを探して記入しないと。
ちょっと面倒かなぁ。

そんなこんなをぶつくさ言っていたら、パパさんが
「自分で作ってプリントすれば、手帳用のソフト持ってるよ」
あー、その手もあったか。
でも、手帳用の用紙を購入して作ると100円は超えちゃうよね。
しかも+インクと手間がかかるんだよね。
どうしようかなぁ。
posted by ぺこ at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

2016年度版 100均手帳はどこで買おう

先日のこと、
ちょっと出かけた先で、小さいダイソーによりました。
そしたらびっくり、もう2016年版のカレンダーが並んでいるじゃないですか。
でも、スケジュール帳はまだみたい。

私、ここ数年スケジュール帳は100均の手帳にです。
2013年と2014年はセリアで購入したkyowaのスケジュール帳
そして、2015年はCan doで購入した同じくkyowaの手帳です。
2013年から2015年まで、中のつくりはほとんど同じ。
2015-10-09
2015-10-09 posted by (C)ペコ

ちょっと厚めなので、リング式になってます。(右脇のインデックスは後で私がつけました)
2015-10-09
2015-10-09 posted by (C)ペコ

月間のマンスリーのページの次に週間のウィークリー。
2015-10-09
2015-10-09 posted by (C)ペコ

で、このウィークリーのページ。これがすごく気に入っているんです。
週間ホリゾンタルレフトって言うのかな。
左のページに一週間分のスケジュール欄があって、右ページは方眼のメモページになっています。
このページのつくりがすごく好き。
正直、あまりメモすることないのですが、
何かまとめてメモしなくちゃいけないことがあったら、右ページの上から下までだーっとメモすればいいし。
後日、メモを見返すときに「どこに書いたっけ?」と思っても、その予定があった日付のところを見れば大体右側に書いてある。
仕事をしていたときも、このタイプの手帳を使っていたので、100均で見つけたときはすごくうれしかったんです。
で、2013,2014年と2015年で購入先がセリアからCandoにかわったわけ。
2015年版はセリアで見つけられなかったんです。
ぎりぎりまでセリアで探していて、ダイソーも覗いていて。
もう諦めて他の100均手帳を買おうかと思っていたときに「そうだ100均といえばあとCan doがある」と思って出かけていくと、スケジュール帳の棚の隙間に挟まって、半分近くが棚と壁の間に落ち込んでいたこの手帳を発見。
このリング、この厚さ、間違いない。と思って格闘して引っ張り出して、ようやく購入。
さすがに表紙に挟まっていた痕跡も残っていたので、同じものが他にもないか聞いたところ、100均の手帳、たくさんの種類がどんどん入ってきて、ほとんどが、一回入荷したらその分だけで終わりらしいんです。
他店に在庫の問い合わせをすることもできるそうなのですが、正しい商品名とかジャンコードとかがわからないと無理らしい。
なので、今年は早々から手帳探しをすることに。
カレンダーが並んでいたのに、手帳はまだなのかなぁってネットで調べてみると、もうすでに100均にスケジュール帳が並んでいるという情報をキャッチ。
そこで、本日ダイソーさん、Can doさん、セリアさんを覗いてみました。
ダイソーさん、Candoさん、どちらもマンスリーのみの薄くて小さい手帳しかまだありませんでした。
セリアさん、マンスリーの薄くて小さい手帳と、見開き2週のウィークリーの手帳まで。
どれも10月始まりのタイプ。
ということは今使っている手帳が12月始まりだったから11月に入ってから??
でも、もう並んでいるって事はまた休み明けには入ってくる?
うーん、ちょこちょこ見に行くしかないかな。

posted by ぺこ at 16:06| Comment(1) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク 広告