2017年06月07日

コストコ カナダ産三元豚肩ロース真空パック のこと


先日、久しぶりにコストコへ。
3か月ぶり、くらいかな。
もうちょっとちょこちょこ行きたい気持ちもあるのですが、さすがに下道2時間コースじゃなかなかちょこちょこは行けなくて。
しかも、オコとポコの学校もあるし。
そんな中をついて、久しぶりに行くことになったのですが、行くことが決まったのが当日の朝。
ガーン、前日お肉スーパーで買ってきちゃったよ。
コストコに行くならスーパーでお肉なんて買わなかったのに。
とりあえず、お肉はどうしてもほしいものだけ買うことにして出発。
それで、ふと目にとまったお肉がこちら

「カナダ産豚肉 三元豚肩ロース真空パック」

2017-06-07
2017-06-07 posted by (C)ペコ

いつも我が家で買うロースの真空パックといえば、豚カツ専用のチルドポーク真空パック
(くわしくは、コストコ チルドポークロース真空パックコストコ チルドポーク真空パックのこと その2をどうぞ)か、
生姜焼き、ポークソテー用のアメリカ産チルドポーク 肩ロース真空パックだったのですが、今回見つけたのは、カナダ産。そして三元豚。
おいしいのか、においや硬さはどうなのか、気になるところ。
そんなコストコで困ったときは、コス子さんのコストコ通
やっぱりコス子さん、しっかり「カナダ産豚肉 三元豚肩ロース焼き肉」と「カナダ産豚肉 三元豚バラ焼き肉」についてレポートされていました。
ありがたや。
おおむね好評化なんですが、「獣臭い」というコメントも。
まぁ、ここは臭いをどのくらい感じるかって感覚の良さと、残念を引いてしまったという可能性もあるので、我が家的にはどうか、購入してみました。

早速、コストコのお兄さんに前に教わったとおり表面が凍る程度に軽く冷凍して、カット。
こんな感じです。

2017-06-07
2017-06-07 posted by (C)ペコ

肩ロースの部位なので、程よく脂身の層が入っています。
そして、しっかりきれいな赤身。
うーん、見るからにおいしそう。
早速、実食。肉の臭みがあるのかどうか、今回は思い切って塩コショウだけの味付けのシンプルポークソテーでいってみました。

おいしい、うまい、柔らかい。文句なし。
焼きたて熱々では獣臭さみたいなものは全く感じられませんでした。
そして、遅くにパパさん帰宅。
さっそく焼いておいたポークソテーを軽くレンチンして食卓へ。
ほかほかのうちは美味しい、だったのですが、
夕飯を食べながらゲームを始めたマナーのなっていないパパさん。
ポークソテー最後の一切れがすっかり冷めてしまったら
「ちょっと、ちょーっとだけ臭みを感じるかも。」
ということ。
なるほど。
まぁ、お肉ですから、まったくの無臭というのはあり得ない。
この臭みが許容範囲のうちか否かってってことになると思うのですが、
我が家的には全然問題なし。です。
お肉はほかほかのうちに食べよう。ということ。
次はカナダ産のチルドポーク真空パックのほうを試してみたいなぁ。
posted by ぺこ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク 広告